重度の原発性腋窩多汗症のボトックス治療(保険適用)

ボトックス注射(保険適用) ボトックス注射(保険適用)

脇汗で深刻にお悩みの方の多くは保険診療で
ボトックス注射治療ができる可能があります。
阪急西宮ガーデンズ皮フ科スキンクリニックの
医師へご相談ください。

WHAT IS

腋窩多汗症とは

腋窩多汗症とは

日常生活に支障をきたすほど汗が出る病気を「多汗症」といい、その中で脇の多汗症のことを「腋窩多汗症(えきかたかんしょう)」といいます。腋窩(えきか)というのは、脇の下のことを言います。

脇の下は、もともと汗腺が多く、さらに精神的要因(緊張やストレスなど)や、気温や運動などの要因によっても影響を受けてとても汗をかきやすい部位です。
腋窩多汗症は、日本人の多汗症全体のおよそ半数を占めるといわれています。

重度の原発性腋窩多汗症のボトックス治療については保険診療での治療が
可能で、脇汗で深刻にお悩み方の多くは該当する可能性があります。
保険診療で治療が可能かどうは医師が診断いたしますので、お気軽にご相談ください。

CRITERIA

保険適応の診断基準

腋窩多汗症の診断

腋窩多汗症の診断

腋窩多汗症の診断には、原発性局所多汗症の診断基準が用いられます。
明確な原因がわからない過剰な局所性発汗が6カ月以上持続していることに加え、下記6項目中のうち2項目以上を満たす場合、原発性局所多汗症と診断します。

  • 両側で、かつ左右対称に多汗がみられる
  • 多汗によって日常生活に支障が生じている
  • 週1回以上の頻度で多汗エピソードがみられる
  • 25歳未満で発症した
  • 家族歴がある
  • 睡眠時は局所性の発汗がみられない
腋窩多汗症の重症度の判定

腋窩多汗症の重症度の判定

以下の3,4は重症の多汗症と判定されます。

  • 発汗は全然気にならず、日常生活にもまったく支障がない
  • 発汗は我慢できるが、日常生活にときどき支障がある
  • 発汗はほとんど我慢できず、日常生活に頻繁に支障がある
  • 発汗は我慢できず、日常生活に常に支障がある

EFFICACY

ボトックス注射の効果

脇の下の汗をかく部分に、ボツリヌストキシン製剤を注射します。神経伝達物質であるアセチルコリンの放出を阻害し、神経から汗腺への情報伝達を遮断すすることで発汗量を減少させることが出来ます。

薬の効果は、個人差もありますが通常注射後2、3日で現れ、4~9ヵ月程度効果が持続します。
多汗症を抑制し、発汗抑制効果を維持してするためには4か月以上の間隔で定期的に注射する必要があります。一番汗をききやすくなる夏までに注射することをお勧めしています。

こんなお悩みにおすすめ

こんなお悩みにおすすめ

  • わき汗がひどく何度もシャツを着替えないといけない
  • 汗ジミで人目が気になって勉強や仕事に集中できない
  • 汗ジミがめだつ色の服が着られない
  • ワキガが気になって人間関係をうまく築けない
  • 服の脇が黄ばむので、買い替えが頻度が高くこまる。
施術について

施術について

施術時間
約10分程度
施術前の準備
特になし
痛み
注射時にチクリとした痛みがありますが、我慢できる程度です。
ダウンタイム
針を刺した箇所が赤くなることがありますが、殆どの方が当日中には気にならなくなります。
メイク/入浴
施術後すぐに可能ですが、注射部位を強くこすったり、揉んだりはしないでください。

FAQ

よくあるご質問

保険適用のボトックス注射についての
よくあるご質問をご紹介。

ワキの多汗症なら保険診療で治療できますか?

重度の腋窩多汗症(えきかたかんしょう)と診断された場合のみ保険が適応となります。
脇汗で深刻に悩まれている方の多くは該当する可能性が高いですが、重度かどうかの診断は阪急西宮ガーデンズ皮フ科スキンクリニックの医師が診断をいたしますので、ワキ汗でお悩みの場合はご相談ください。

ボトックス注射治療は痛いですか?

痛みは注射の針の刺激感のみです。もし痛みに不安がある方は麻酔クリームもありますのでご相談ください。

何か月ごとに治療が必要ですか?

効果の持続期間は4~6か月程度と言われていますので、夏前の5月や6月にボトックス注射をすれば、一番汗をかきやすい時期を快適にすごしていただくことができます。
夏場以外にも効果を持続させるためには、4か月以上の間隔をあけて定期的に注射されるようにしてください。

多汗症の治療には他にも種類がありますか?

阪急西宮ガーデンズ皮フ科スキンクリニックでは、ボトックス注射以外に、ミラドライやウルドライ、ビューホットといった多汗症治療もご用意しておりますが、自費診療になります。
こられの施術は、脇の汗腺を破壊して機能を失わせることができますので半永久的な効果が期待できます。

FEE

料金

  • 保険適用(3割負担) 両脇

    ¥25,000程度

pagetop